• TOP
  • 企業理念

企業理念

<経営の方針>

1.日本と中国の交流を促進させる
・日本と中国はアジア地域の中心国として進んでいかなければならない。そうした両国の経済などの交流を深めていくために、お互いの国向けの視察、セミナー、紹介などを行い、日中間の交流促進に貢献する。
2.日中の企業間の橋渡しとなる
・中国に興味を持っている日本の企業、日本のビジネスに関心がある中国企業に対して、両国の企業が相互に成長できるような橋渡しとしての位置付けとなる。
3.日本と中国のビジネス環境の改善
・中国は近くて遠い国といった固定観念を払しょくし、日本企業への中国のイメージを変え、相互に友好関係を築き、ともに発展できる基盤をつくっていく。
4.個人だけでなく組織として発展を進めていく

・ 一人、一つの企業での活動には限界があり、必要によってアライアンス、グループ化することで、知識・情報の共有化を進め、活動範囲や内容を深めていくことで、社会に貢献していく。
5.顧客企業のニーズを的確に把握し、顧客側に立った提案・サービスを提供する
・ 顧客のニーズを的確に把握することで、顧客が満足する提案・サービスを提供することを心がける。また、日中間のビジネスはスピードが重視されるため、随時、情報のやり取りを行い、顧客企業のビジネス推進のサポートを行う。

運営指針の骨子

1.顧客のニーズを的確に把握し適切な提案サービスの提供に尽力する。

 

2.顧客の問い合わせに対しては迅速に対応していく。

 

3.ビジネスを進めていく上で、課題・問題意識を常に持ち、相互に有用な解決手段を模索、提案していく。

 

4.業務上入手した情報は会社共有情報とし、全社的業務の利便性に資する。

 

5.守秘性の強い顧客情報については別途定める情報管理規定に拠る。




求人応募採用情報はこちら

個人情報保護ポリシー